バーディモノコックエア(2017年6月に発売されました)
試作車最終版を試乗させてもらいました!
 

バーディモノコックエアは日本で企画しインターナショナルで発売となる初めてのモデルです。
今回の一番の目標は軽さ!写真のスペック(ペダル別)で10Kgを切ろう!というもの・・・


そこでいくつかの工夫があります。

最大の違いは、キャリパーブレーキの採用(ロードバイクと同じタイプです)。

 

このタイプの特徴として、

①スピードコントロールに優れている

②比較的軽量に作れる(フレーム側の工作が少なくて済む)

③メンテナンス性に優れている

などがあります

 

逆に欠点としては

①太いタイヤが入らない(クリアランスの問題です)

②ストッピングパワーはVブレーキやディスクには劣る場合がある

とうことです

 

今回は軽さがメインなのでその目的には十分なわけです。

 

 

そのブレーキを詰めている台座の部分は、リバーシブルで写真の状態では18インチリム用。
わかりにくいですが、取り付け部分を上下反転させると20インチ(HE 406)のリムに対応します。

 

このパーツだけでの販売も予定されているそうですが、取り付けができるのは現行のバーディモノコックのみ!クラシックもBD-1も対応はしませんので悪しからず‥。

 

また取り付けるキャリパーにもよりますが、1.25以下の太さが出ないと難しいと思います。

 

 

さて、試乗した感想です!

①今までのモノに比べて、漕ぎ出しが軽い!

②輪行袋で持つ時の差は非常に大きい!

という2点が印象に残りました。

また価格もモノコックでありながら20万円を切る(税別)というのは魅力ですね。

良いことばかりでなく欠点を書くと、今までのタイヤより細いので抵抗がある。

ブレーキの引きはキャリパーの方がどうしても重くなるので、セッティングには非常に慎重になる。

路面からの凸凹の突き上げは今までのよりも多い。

などです

もちろん「違い」の話であり、セッティング次第&カスタムすることにより、より良い状態へ持っていけるはずです。

自分も欲しいなあ〜笑

フレームカラーは4色

 

■ダンデライオン 185,000円(税別)

 ちょっと燻んだ黄色

 

■ファイアレッド 185,000円(税別)

 某スポーツカーのような真っ赤

 

■インクブラック 185,000円(税別)

 ブラックとはいえ万年筆のインクのような濃紺

 

■スコッチブライト 195,000円(税別)

 お馴染み、アルミの磨き素材カラー